8. 3Dスキャン計測

3Dレーザースキャナーを用いて、CIMへの取り組みをしています。

調査・設計段階からの3次元モデルを導入し、施工、維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることにより、設計段階でのさまざまな検討を可能にするとともに、一連の建設生産システムの効率化を図ることができます。3次元モデルは、各段階で追加、充実化され、維持管理の面でも効果的な活用が期待されています。
また、重要文化財等の後世に残すべき構造物や複雑な形状をした遺跡等の形状や寸法を電子データ化・保存して次世代に引き継ぐことが可能です。